366.

気の向くままに書く日記

いまの自分に出来ること

f:id:IWA_LIFE:20210819222157j:plain

昨日、心を痛めたニュースがありました。


ご存知の方も多いとは思いますが
コロナに感染した29週の妊婦さんが
自宅で早産となり赤ちゃんが亡くなって
しまったニュース。


かかりつけの産婦人科と入院可能な
病院先を探すも見つからない状況。


弱っていく赤ちゃんを
助ける手段がないだなんて...


私にも十分に起こり得る
可能性があること。


これが医療崩壊、今の現実なんだと
急に怖くなりました。


NICUの設備があるとしても
その病院がコロナ感染に対応して
いるとは限らない。


そこでハッとしました。


コロナで陽性になった場合
私の通っている病院は受け入れて
くれるのだろうか。


受け入れ不可の場合はどうなるのか。


こんな大事なことを確認して
いませんでした。


もう少しで健診があるので
しっかり確認することにします。





ワクチンを接種することに決めました。


当初から数年後に赤ちゃんに
何かあったらどうしようという
不安があり現在までワクチンを
接種するかどうか悩んでいました。


そのため職域接種も見送っています。


できることなら接種したくない。


でも感染力が強いデルタ株が増え、
予防をしていても妊娠中で免疫力が低い
私はいつ感染してもおかしくない...


接種するリスクとしないリスクを
調べて2人で話し合い、決めました。


接種してもコロナになる可能性はある。
それでも万が一陽性になったときに
少しでも症状が緩和されるなら
重症化リスクを抑えられるなら
接種しようと腹をくくりました。 


正直、副作用も怖いし数年先に
何か起こったらという不安も
なくなったわけではありません。


受けると決めても接種するまでの間、
気持ちが揺れ動いています。
(全然腹がくくれてない...)


みんながそれぞれ考えて
出した答えが正解でありますように。


赤ちゃんが無事に生まれて
健康に育ってくれますように。


そう願いながら私は自分に
できることをするのみです。


私の住んでいる地域は接種予約が
取りづらいのでだいぶ出遅れて
しまいましたが...


ワクチン予約のサイトで
なんとか私と彼の予約を
今月中に取ることができました。


すぐに予約枠がなくなるので
びっくり。争奪戦。


大げさかも知れませんが
私にとっては大きな決断をした日。


他人の私がここまで心が痛み
悲しい気持ちになったニュース。


心のどこかで自分は大丈夫だろう、
なにかあったとしてもきっと受け入れて
もらえるだろうという全く根拠のない
自信と甘い考えがあったことに
気づかされたのでした。


今一度、気持ちを引き締めよう。


iwa


いつも読んでいただき、ありがとうございます!
応援していただけると嬉しいです
·͜·

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村



日々の出来事ランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村