366.

気の向くままに書く日記

響いた言葉

前職は40代、50代の社員が多く
20代や30代が少ない会社でした。


また、転勤による異動も多く
たくさんの方々と仕事上で接する
機会が多くありました。


そのなかで、今でも時々思い出す
言葉を教えてくれた方とのお話を。


転勤でやってきた当時40代の
男性社員さん。


いつも飄々としていてトラブルや
クレームがあっても動じることなく、
「なんとかなるよ〜」って言いながら
仕事をこなしていくんです。


常に余裕があるように見えるせいか
その人が焦ったりバタバタしたり
しているところを見たことがありません。


要領が良く、仕事ができる人
というのが私の印象でした。


役員や部下からも信頼されていて
取引先との関係づくりも上手い。


部下を育てるために自分の経験を
惜しみなく伝える人。


言葉のチョイスや返しも絶妙で
よく笑わせてもらいました ·͜·


そんな社員さんはあっという間に
栄転で異動に...


送別会のときにその社員さんが
iwaちゃん、ここの居酒屋に
俺の仕事のモットーがあるよ」
と言って教えてくれたのがこの言葉。


f:id:IWA_LIFE:20210605094928j:plain


「がんばるより、楽しむ」


日々の仕事に忙殺されて楽しむこと
なんて感じる余裕すらなかった私に
とって目から鱗の言葉。


きっと私にとって足りない要素なんだ
って感覚的に思えました。


ひたすらがんばることも大切ですが
時には肩の力をぬいて、仕事を楽しめる
気持ちを感じることも大切だって
教えてもらいました。


仕事に限らず、息詰まると時々
この写真を見てこの言葉を
思い出しています ·͜·


個性豊かな人たちが多かった前職。
そこでの経験は私の心の財産に
なっています。


iwa

いつも読んでいただき、ありがとうございます!
応援していただけると嬉しいです
·͜·

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村



日々の出来事ランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村