366.

気の向くままに書く日記

腕を痛める 5

f:id:IWA_LIFE:20210307172446j:plain


・痛めたきっかけ
腕を痛める 1 - 366.

・整形外科に行ったときのこと
腕を痛める 2 - 366.

・日常生活で不便なこと
腕を痛める 3 - 366.

・再診に行く
腕を痛める 4 - 366.


いよいよ理学療法士さんとのリハビリ。


一度家に帰ってから
動きやすい服装に着替えて向かいました。


理学療法士さんが
「最近、骨盤矯正で痛めたって
患者さんがいてデジャブかと思ったよ~」
なんて言っていました。


その患者さんは骨盤矯正に行って
サービスで首の施術をしてもらったところ
痺れを感じて受診されたようです。


初回の診察で先生も言っていましたが
身近な出来事だと再認識。
(そして私もその一人)


担当の理学療法士さんは
気さくな感じの方。


状態を見るために
腕の可動域を調べます。


腕の上がり具合が
右が170度に対して左は110度。


続いて、左腕を動かして
どの辺が痛いか確認していきます。


右の肩甲骨を触った先生が一言
「肩甲骨のマッサージはした?」


この言葉であることを思い出した私。

今年に入ってから
1回だけ肩甲骨はがしに行ってたー!!!

肩甲骨はがし、していました...
週末の好きな時間 - 366.


すっかり忘れてた...


「くっついてる部分を強い力で
無理矢理剥がしたんじゃないかな〜」

「それで痛めた可能性もあるかもね」

というのが先生の見解。


時系列でいくと

・整体で左腕に違和感(2020年11月下旬)

・肩甲骨はがしをする(2021年1月下旬)

・コートを着る時に痛める(2021年2月上旬)


良かれと思ってやったことが
体を痛めてしまう結果になるなんて...


リハビリ中に

「整体とかは医業類似行為であって
医療ではないからね~」

「白衣は着てるけどね。笑」

と、違いを教えてくれたり


「肩甲骨は鎖骨と繋がってるんだよ」
等、骨の仕組みも教えてもらって
とても有意義な時間。


左腕、肩、肩甲骨をほぐしていって、
先生がだした結論は筋肉の拘縮

四十肩や五十肩の状態。


時間はかかるけど
リハビリしていけば大丈夫だよと
心強い言葉をかけてくれました。


左腕の筋肉がないので
家でもできる筋トレを教えてもらい
これから続けることになりました。

肩甲骨をほぐすことにも
繋がるようです。

やり方は1リットルのペットボトルを
左手で持って外回りに回すだけ。

簡単にできるので助かります。


そんなこんなで
あっという間の1時間。

再度、腕の上がり具合をチェックすると
右が170度に対して左は130度。

この少しの変化がとても嬉しい!


今後は最低週1回
通院していく予定です。


現時点でまだ大きな変化はありません。


変化がないことに焦りを感じますが
引き続きリハビリがんばります!


iwa


いつも読んでいただき、ありがとうございます·͜·

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村