366.

気の向くままに書く日記

腕を痛める 3

f:id:IWA_LIFE:20210307172622j:plain

1.腕を痛めたきっかけiwa-lifestyle.hatenablog.com

2.整形外科に行ったときのこと
iwa-lifestyle.hatenablog.com


病院に行った後は
ほんのささいなことですが


いつも左で鞄を持っていたのを
右にしてみたり
(意識しないとすぐ左で持っちゃう...)


衣類を着るときは
腕をゆっくり伸ばしてみたり


なるべく左腕に負担をかけないように
意識して生活していました。


日常生活で困ることといえば


・ブラのホックを後ろでとめれない


・寝ているときに左腕を下にして
寝てしまい、起きたときにじんわり痛む


・髪を結ぶときやシャンプーをするときに
若干不便さを感じる


・背中がかゆいとき手が届かない
(家にいる時は彼愛用のまごの手を使うことで解決!)
(家以外の時は我慢する...)


それくらいかな。
何気ない動作で不便さを感じます。


処方された痛み止めの薬は
飲むほどの痛みではないので
こちらは使わず。


寝る前に湿布を貼るくらい。


湿布を貼って出社したら
ほんのり匂っていたので
それ以来湿布を貼るのは
夜だけにしました。


自分で分かったくらいなので
きっと隣の席の人も
気付いているはず...

スメハラしちゃってごめんなさい。


前回の診察で
1週間後に来てくださいと
言われていたので、再度通院することに。


湿布のおかげか、ほんの少しだけ
左腕が上に伸ばせるように
なったかな?


でも相変わらず可動域は狭いまま。


レントゲンで骨の状態を
知ることはできるけど
腱が切れているかどうかは
レントゲンでは確認できないので
MRIや超音波で検査してみないと
分からないらしい...


そんな記事を見て
もしや切れているのではと
不安な気持ちになりました。


今度はMRIかなーなんて
思いながら病院に向かいます。

次回、再度整形外科に行ったときの記録。


iwa


いつも読んでいただき、ありがとうございます ·͜·


にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村