366.

気の向くままに書く日記

やさしさに包まれたなら

f:id:IWA_LIFE:20210213102058j:plain


\こちらの記事の続き/iwa-lifestyle.hatenablog.com



仕事終わりに病院に行くことにした日


「とても不安」と彼に連絡をしました。


それに対して


「大丈夫だよ」

「やっぱり一緒に行こうか?」


なんて優しい言葉をかけてくれる。


コロナのため付き添いを断る病院も多いので
大丈夫だよと伝える。
(病院に行ったら、付き添いはご遠慮くださいと張り紙が...)


それでも


「どこかで待ってようか?」


って気遣ってくれる。


終わる時間も読めないので
先に家に帰っててねと伝える。


病院で受付を済ませた頃には


「帰る頃に連絡がほしいんや」

「今日は俺がごはんを作るんや!」


とメッセージをくれました。


あの料理が作れない彼が
私を元気づけようとしてくれてる。

そんな彼の思いが伝わって
胸が熱くなりました。


「あまり手の込んだものは作れないけど、
何か食べたいものはある?」


と、予想外にもオーダーを取ってくれる。


彼は何を作れるんだろう

作れるものってたしか...

パンケーキと焼きそば...

くらいしか思いつかない!笑


でも焼きそばの麺は家になかったなあ。


そんなことを考えながら
オーダーした料理は


チャーハン


診察も終わり、すぐに結果を彼に伝えると
彼も安心した様子。


家に帰ると仕事の合間を縫って
ごはんを作ってくれていました。


「私が作ろうか?」なんて聞いてみると


「だめや!俺が作るんや!」
と言ってきかない。笑


ふいに


「顆粒コンソメはあるかい?」と聞かれたので


「固形のコンソメしかないよー」と答えると


「いつも顆粒コンソメを入れてたんや」


と、ご要望があったので
今度買っておこうと思います!


「あと何入れてたかなー」
なんてひとり言を言いながら作っている彼。


それを少し離れて見守る私。
(なんとなく母親の目線)


「作ったのは8年ぶりなんや」


と衝撃の発言をしていましたが
家にある、ありとあらゆる調味料を駆使して


彼特製の男のチャーハン
が完成しました!


味はとても美味しかった!!!·͜·


安心してお腹が空いていたのもあって
大盛チャーハンをペロリといただきました。


その週は彼の仕事が立て込んでいて
とても忙しい日が続いていました。


そんな時でも私のことを
気遣ってくれる心遣いがとても嬉しくて
何度も「ありがとう!」「また作ってね」
と伝えました。


どんなときでも自分のことよりも
私のことを考えてくれる彼。


私にとってかけがえのないパートナーです。


彼の得意料理の発見と

彼のやさしさに包まれた日。


iwa

いつも読んでいただき、ありがとうございます·͜·

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村